プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

大阪梅田の路地裏で素材にこだわってお店をやってます。
手間をかけて作られたすばらしい素材を手間をかけて料理するお店がどんどん増えていけばいいなと思ってます。
よろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

夏の終わりのお野菜


すっかり涼しくなり、夏が早くも終わりなのかなぁ。。。と
思う、今日この頃ですが、お野菜はまだまだ元気です!!


一般には日照不足などで、お野菜高騰が言われてますが、
こんなときにやっぱり力を発揮するのが、元気な無農薬野菜
です!!


ちょっとやそっとの厳しい環境ではへこたれません。bud

収穫量は多いわけではないですが、厳しい環境にはじめから
さらされているので、お野菜自体が元気で、一気に収穫でき
なくなるというようなことがないのです。


病気や虫は心配ですが、それも強く、肥沃な土があれば乗り
きれます。


もともとのお野菜の元気さを生かして育てるので、元気なん
ですよね。


もうすぐで、夏野菜も終わりの季節です。

農園では野菜の生育もゆっくりになってきたようです。

夏の最後のおいしい野菜を食べに来てください!happy02

2009年8月15日 (土)

ORYZA  アグリビジネス勉強会に参加してきました。

意欲ある若手農家の方々が集まって、永続可能な農業のビジネスモデルを
作ろうとしている、オリザという会社があるのですが、その勉強会に
参加してきました。

オリザの発起人が以前よりの知り合いだったので、今回初めて参加させて
頂きました。

東京であったのですが、東京まで行って参加した甲斐がありました。

大変多くの農家の方、または今から就農しようとしている方や、農業を
とりまく関係者(農林水産省など)の方々が参加しておられ、熱い意見
交換が行われていました。


現在の日本の農業の状態はかなり深刻で。
この先、何十年かすると農業の担い手がいなくなるのではないか、という
状況です。

生産者の多くが60歳以上で占められており、次の世代の農業を行う人が
いなくなってしまっています。

そこで、オリザでは少しでも収益のでる農業のモデルを作り出して、提供
していこうという熱意に燃えて、活動されておられます。


飲食店をやっているからには、生産現場のことは知っていて当たりあえ
だと思っているので、今回多くの熱意ある若手農家の方と知り合えたこと
は、大きな財産になります。

達屋から生産現場の情報をどんどんお客様にお伝えしていきたいと思い
ます。

達屋では「農家のおすそわけ」として直送の野菜を頂いているので、
そのお野菜を皆さんにお分けする機会も今後作っていきたいと思います。

また、企画が実現できるようになったら、このブログでも連絡させて
頂きますので、よろしくお願いします。

ORYZA合同会社 http://www.oryza-i.com/

2009年8月 2日 (日)

北海道生産者訪問してきました ②

生産者訪問の続きです。sun
すっかり遅くなってすいません。sweat01


北海道の積丹に着いたあと、そのまま夕暮れの海に出て
イカ釣りをさせて頂き、念願の船で捌いたイカを頂きました!!

そのイカは本当に透明で、まさにここでしか食べれない味。

これは残念ながら、どうやっても大阪にはもって帰れない。。。

すいません、でも、時間がたったイカにはだんだん甘味が出てきて
それはそれで美味しいので、それを楽しんで下さい。wink


夜はウニ漁師の佐藤さんの小屋に泊めて頂き、お酒も入って、
大盛り上がり。

やっぱり漁師さんや農家さんと話すのは楽しいーーーー!!!
心の底からすきっとします!


次の早朝に起きて、ウニ漁の見学。(これが本題!!)

小さな船に乗って、ウニのいそうな岩場に行きます。

少し曇りですが、絶好のウニ漁日和。
(小さな船で行うウニ漁は少しでも海が荒れると、量に出れません)


ウニを獲る佐藤さん。(これは本当に大変そう。)

何時間も、ひとつづつウニを網ですくっていき、2カゴのウニが獲れます。


さぁ、これで、ウニが獲れた! と満足したのも、つかの間、

本当に大変なのはここからでした。。。


ウニを食べれるようにするには、中の身を取り出して、ひとつづつ掃除を
しなくてはいけません。。。

そりゃぁ、そうだ。


この作業を手伝いましたが、これは大変、大人5人でやって、ざっと4時間
以上、かかりました。

<ウニを割る、佐藤さんとお母さん>

<ウニの掃除、ひとつづつピンセットで>

<ウニの掃除を手伝う、お邪魔な私>

<掃除前のウニときれいになったウニ>

     ↓↓↓↓↓↓↓


きれいになったウニをさらに一つづつきれいに包装して出荷します。


塩ウニの場合は、さらにこのウニの身を一つづつきれいに並べて、
塩を打ち、熟成させます。

(塩ウニの作る作業は、漁師さんそれぞれの秘密なので、今回はお見せ
 できません、ゴメンナサイ!!sweat01


どれだけの手間をかけて、ウニが食べれる状態になって、大阪に届けられるのか、
今回よくわかりました。


海に落ちたりして怪我をしたりすることもある、危険な漁場に、朝早くから
出て行き、一家総出での長時間の掃除の作業。
そして、仕分け、出荷と、本当に大変な作業ばかりでした。

お邪魔ばかりしたのに、温かく迎えて頂いた、佐藤さん本当にありがとう
ございました。


これからも、美味しいウニをよろしくお願いします!!

農薬不使用野菜・こだわり素材の和食 達屋 路地裏店 のサービス一覧

農薬不使用野菜・こだわり素材の和食 達屋 路地裏店